TOP > CADTOOL > 板金展開 > 板金展開9概要
板金展開 誰でも簡単にすぐに業務で使える板金展開図作成ソフト

製缶板金の展開図をコマンドひとつで簡単作成
CADTOOL "板金展開9"とは?
- 製品概要 -

 

ようこそ!CADTOOL 板金展開のページへ

CADTOOL板金展開(キャドツール バンキンテンカイ)とは、予めコマンド化された展開パターンを選び、寸法を入力するだけで ダクトやパイプなどの製缶板金加工用の展開図が手軽に作成できる板金展開図作成ソフトウェアです。

1999年に登場以来、ユーザーの声を反映してバージョンアップを重ねることで機能改善を行っており、手間のかかる板金展開図の作成工数を短縮し、作業効率アップを図ることを目指しています。

最新バージョンのVer9では、作成可能な展開図は全286パターンにまで拡大しました。 また、15日間機能制限なしで使用できる体験版も用意しております。上の「すぐに体験版をダウンロード」ボタンをクリックするとすぐにダウンロードできますので、 ご購入前にお気軽に試すこともできます。

展開図の作成にはじめてソフトウェアを利用される方も、かつて導入はしてみたものの操作が難しくて挫折してしまった方も、 ぜひ一度CATOOL板金展開の簡単・軽快な操作を体験してください!

動画でわかる "CADTOOL板金展開とは?"
"新機能" を動画で観る
とにかく操作は簡単、3ステップ!
初めての方でも、すぐに展開図を出力できます。
step1 展開パターンを選ぶ全286パターンの展開図が作成可能

展開パターンは予めコマンド化されています。あらゆる製缶業務に使える、全286パターンの展開図が作成可能です。

step2 数値を入力展開図はリアルタイムで更新

展開図はリアルタイムで更新されるので、手で描いているかのように直感的に操作出来ます。

step3 使いたい形で出力後工程で使える情報も添付可能

後工程で使える情報も付けられます。さらに、実寸印刷、DXF出力、各種フォーマット(こちらからご確認できます)への出力など、充実の印刷オプションを装備。

「選ぶ」 配管・ダクトなど、製缶板金の展開パターンを用意

(1) 一般的な製缶業務で役立つ多種多様な展開パターンをコマンド化

多種多様な展開パターンが74種 286パターン

ダクト、配管など全74種類の展開コマンドから286パターンの展開図が作成できます。1999年の登場以来、実務でご使用いただいているユーザの意見を反映し次々と展開パターンが追加されていき、現バージョンに至っております。一般的な製缶業務で使われるほとんどの展開図は寸法入力のみの簡単操作で作成出来ると自信を持って云える内容となっております。
⇒さらに詳しくみる

(2) より柔軟な作りに。作図も可能な新機能「自由形状⇒丸」登場

自由形状からダクト展開図を作図

入り口形状を自由に作図したDXFを元にダクト展開図を作成することが可能になりました。中心差があるものや、入り口が傾斜状態になった物体の展開図も作図できます。角丸ダクト展開図で対応できない部分などにご利用いただけます。
⇒さらに詳しくみる

(3) 製缶図面以外の目的でも利用できる特殊な図形の展開パターンも用意

製缶図面以外の目的でも利用できる特殊な図形の展開パターンも用意

星型柱や星型すいなど、特殊な形状の展開図も作成可能です。建築モニュメントなど、製缶板金以外の目的でもご利用いただいています。

「入力」 簡単入力で、後工程で使える機能的な展開図を作成

(1) 操作中も迷いません。高速なリアルタイムプレビュー搭載で入力を強力アシスト

リアルタイム更新

数値入力すると瞬時に計算され、リアルタイムで展開図が変化します。さらに、三面図やアイソメ図を表示します。 展開図と完成図の形状を確認しながら入力できるので、入力ミスを軽減します。
⇒さらに詳しくみる

(2) 最小限の寸法入力でOK。複数の入力パターンをで展開計算をアシスト

複数の入力パターンをで展開計算をアシスト

「幅と高さは分かるのに 切断面の角度が分からない」、こんなときでもいちいちCADなどで角度を調べなくて大丈夫。数種類の入力パターンを用意しています。
⇒さらに詳しくみる

(3) 規格のガス管を使う場合に数値を調べる手間を省ける「鋼管ライブラリ」を用意

鋼管ライブラリを用意

SPG及びSTPGのライブラリからサイズ、スケジュールを選ぶだけです。JISハンドブックで調べる手間を省きます
⇒さらに詳しくみる

「出力」 次への作業を助ける多彩な出力機能を装備

(1) CADTOOLは後工程のことも考えています。多彩な出力オプションを用意

板取りのためのケガキに便利な補助線付き、展開寸法線付き展開図の出力や、加工機など、他のシステム利用のための展開図の座標値出力、板取の必要に応じて展開点の異なる展開図の作成など、後工程で使うこと考慮した出力オプションを用意しております。

多彩な出力機能

(2) プロッタ不要。お手持ちのプリンタで実寸印刷

お手持ちのプリンタで実寸印刷

プリンタ用紙よりも大きなものは、分割して実際の寸法で印刷できます。 それらをつなげて実物大の型紙作成に利用できます。
⇒さらに詳しくみる

(3) CADユーザはさらに便利に。充実のCAD出力機能

充実のCAD出力機能

DXFはモチロン、AutoCADなどのCADソフトと通信して、CADTOOLから展開図をCAD図面中にダイレクトに表示します。
⇒さらに詳しくみる

その他、EXCEL。CSV、画像出力も可能です。
出力フォーマット一覧

「その他」 曲げシミュレーション、圧力容器コマンドも装備

(1) 長手方向の板金展開図面の作成と、曲げのシミュレーションを行えます

曲げシミュレーション

スプリングバック分を考慮したシミューレーションも行えます。
⇒さらに詳しくみる

(2) 設計段階における板厚選定をサポートします。「第一種圧力容器強度計算」

第一種圧力容器強度計算

第一種圧力容器の強度計算に準じた機能です。内円筒(展開図・断面図・平面図)と鏡板(断面図)の作図が出来ます。
⇒さらに詳しくみる

このエントリーをはてなブックマークに追加