TOP > CADTOOL > FEM > 製品概要トップ
有限要素法(FEM)による応力解析ソフトウェア CADTOOL FEM8

CADTOOL FEM8は大幅な低価格を実現した
プリポスト・ソルバー一体型の
有限要素法CAEソフトウェアです。

解析対象を二次元に限定することでソフトウェアの価格を抑え、かつ、 マウスによる操作を基本としたやさしい操作性でCAEソフトウェア初心者も導入しやすいパッケージングを実現。そして、二次元ながらも様々な形状の解析を実現する解析モードを搭載、 さらに、高精度のメッシュを自動作成、高速な計算、様々な出力結果に対応した 本格的なCAEソフトウェアとなっています。

CADTOOL FEM8 2台特長 「低コスト」「本格的」
低コスト

オールインワンパッケージで年間メンテナンス費も不要!
低コストで有限要素法CAEソフトウェアを導入可能

「低価格に抑えたソフトウェア本体」「オプションライセンス不要」「年間メンテナンス費不要」
⇒有限要素法CAEソフトウェアを低コストで導入可能

CADTOOL FEM8 低コストの理由

  • 解析対象を二次元に特化させることで、ソフトウェア本体の価格を72,000円(税別)と大幅に抑えています。
  • プリポスト・ソルバー一体型のオールインワンパッケージ、必要なのは本製品のみでその他オプションは不要です。
  • パッケージ製品なので、毎年のメンテナンス費は不要です。
  • 年間メンテナンス費なしにも関わらず、すべてのユーザ様は弊社のよる電話・メールによるサポートを利用することができます。操作方法の調査やソフトウェアの不具合等の対処といった時間的なコストも節約できます。

実は二次元の解析で十分だった

「3DのCAEソフトをもっているが実務ではほとんど二次元で間に合っている」
「CADTOOL FEMをよく調べるといままで行っていた解析のほとんどがCADTOOL FEMで可能、3D のCAEライセンスを減らせそうだ」

一度ご自身の業務内容を見直していただくと上記のようなことがあるかもしれません。 ほとんど使用しないソフトウェアのために、いつまでも高額な年間メンテナンス費用を支払い続けますか?CADTOOL FEMをぜひ一度お試しください!

有限要素法CAEソフトウェアを低コストで導入可能

本格的

安いだけではありません。高機能と高い操作性を実現

3つの解析モードに、2つの熱応力解析モードが加わりさまざまな解析が可能に

「二次元の断面」(2D図面)+「厚み」(パラメータ設定)で2.5次元解析を実現

CADTOOL FEM8では、解析したい形状や境界条件により、3つの解析モードを使い分け、二次元でも様々な解析を行うことができます。

「二次元の断面」(2D図面)+「厚み」(パラメータ設定)で2.5次元解析を実現
断面を使った一般的な解析

⇒「平面応力解析」モード
断面に厚みを属性として持たせ 2.5 次元的な解 析を行うモードです。条件設定により、厚みが 均一でない形状の解析も可能です。

「平面応力解析」モード「平面応力解析」動画
板状の部品に垂直の力が
加わった場合の解析

⇒「平面板曲げ解析」モード
いわゆる「板曲げ」の解析に最適なモードです。 平面に板厚を属性として持たせ 2.5 次元的な解 析を行います。条件設定により、板厚が均一で ない形状の解析も可能です。

「平面板曲げ解析」モード「平面板曲げ解析」動画
断面を使った一般的な解析

⇒「回転体応力解析」モード
ある半断面図を回転軸を中心に一回転させてで きる形状「回転体」の解析を行うモードです。 圧力容器、円筒などの解析に使用可能です。

「回転体応力解析」モード「回転体応力解析」動画

熱応力解析  New!
⇒「平面応力解析」モードと「回転体応力解析」モードで可能CADTOOL FEM8 では、これら2つのモードで物体の温度変化による変形やそれに伴って発生する熱応力の解析を行う「熱応力解析」を行うことができます。


計算結果は、主応力に加えてミーゼス応力にも対応し、視認しやすいグラフィカルな図で表示

CADTOOL FEM8は、変位や最大/最小主応力、最大せん断応力に加えて、三次元のCAEソフトウェアで強度判定に良く使われるミーゼス応力を計算することができます。様々な計算結果から解析を行え、製品に品質向上にお役たてできます。 また、変位図や各応力の等値線図を表示でき、アニメーションの作成も可能です。そのため、どこに問題があるのか視覚的にすばやく把握することができ、使い勝手よくなっております。

視認しやすいグラフィカルな図

図として表示
左:変位図
右:ミーゼス応力等値線図

FEM8 アニメーション表示

アニメーション表示


高精度のメッシュを自動で作成、リメッシュ(メッシュの修正)もマウスで簡単操作

基本は解析する形状に適当なグリッド(格子)をあてはめるだけ。
あとはソフトウェアが自動的にメッシュを作成します。

高精度のメッシュを自動で作成、リメッシュ(メッシュの修正)もマウスで簡単操作

マウスによる簡単操作。CAE初心者に方も十分使いこなせる操作性

マウスによる操作を基本としており、高度な知識を必要とせず簡単に有限要素法解析を行うことが出来ます。

!このような方へ
・設計者の方
CAEソフトウェア操作に不慣れな設計者の方もすぐに使いこなせます。設計初期段階で解析を行うことで、応力分布や変形を定量的に観察できるので設計上の自由度が広がります。従来のカンや経験に頼った過剰品質は改善され、低コストかつ魅力ある製品設計に貢献します。

従来のカンや経験に頼った過剰品質は改善され、低コストかつ魅力ある製品設計に貢献

・有限要素初心者の方
CAEソフトウェアがどのようなものか理解でき、将来ミッドレンジ・ハイエンドのCAEソフトへステップアップする際の予備知識として活用できます。有限要素法解析・FEM入門に最適です。


計算結果出力も多数のフォーマットで充実

pdf・csv・excelなど汎用的なフォーマットでの出力や印刷はもちろん、CAD通信機能によりCADTOOL FEM8で作成したメッシュや外形図をCADシステムへ直接転送にDXF出力といったCADとの親和性を備え、さらにWebブラウザで参照可能なHTML出力やクリップボートへコピーといったユニークな出力機能も備えます。 計算結果の伝達もスムーズに行うことができ、計算結果を効率よく使うことができます。

各フォーマットへ出力

各フォーマットへ出力PDF出力CSV出力XLS出力HTML出力BMP出力DXF出力

※それぞれのアイコンをクリックすると、出力サンプルがご覧いただけます。

その他ユニークな出力

CAD通信機能によるCADTOOL FEM8
⇒CADシステム転送

CAD通信機能

計算結果をクリップボードへコピー

計算結果をクリップボードへコピー