技術計算ソフトCADTOOL / テクニカルイラストソフト ISOTOOLのウェブサイト

TOP > サポート > サポート情報

CAD通信機能に関するファイルダウンロード

CADTOOL構造解析Ver.4/板金展開Ver.3/メカニカルVer.3
CAD通信機能対応新CADソフト
・BELL DESIGN/Std8
・BELL DESIGN/Pro8
・BELL DESIGN/Mecha8
対象CADTOOL製品
・CADTOOL構造解析 ver.4
・CADTOOL板金展開 ver.3
・CADTOOLメカニカル ver.3

上記の「BELL DESIGN シリーズ」CADと、対象CADTOOL製品の間でCAD通信機能を使用する場合に必要となるファイルです。

※ 立体構造解析 Ver.1 及び、板金展開 Ver.4 は上記「BELL DESIGN シリーズ」CAD対応済みですのでこのインストール作業を行う必要はございません。
Download ダウンロード(bell.exe)35KB


●ダウンロード後の設定方法

【1】ダウンロードした圧縮ファイル(bell.exe)をダブルクリックし、解凍先を指定すると、
「bell」フォルダが作成され、その中に BellDraw.exe_@.clbReadme.txt、の3つの
ファイルが解凍されます。


【2】 BellDraw.exeファイルを、BELL DESIGN シリーズCAD通信機能を対応させたい
CADTOOL
のインストールしてあるフォルダ
(例:C:/Program Files/CADTOOLKozoV4)
にコピーします。

例)CADTOOL構造解析Ver.4



※解凍したファイルを上記フォルダにコピーします。


【3】次に、@.clb ファイルを BELL DESIGN CLB フォルダ (各「clb」ファイルの
入っているフォルダ)にコピーします。


【4】次に、CADTOOLのインストールしてあるフォルダにある、「環境ファイル」に
文字列を追加して上書き保存します。
------------------------------------------------------------------------
書き換えるファイル名: Caddraw.ini
このファイルに追記する内容:
 "BELL DESIGN","BellDraw.Exe"
--------------------------------------------------------------
「"」 このマーク(ダブルクォーテーション)ごと追記します。



これらの内容は解凍された3つめのファイル Readme.txt にも記述してありますので、
そちらもご参照ください。

※対象となっているCADTOOL製品を、複数ご利用になられている場合、それぞれの
製品のインストールされているフォルダに対して 【2】と【4】 の作業を行っていただく
必要があります。



【5】CADTOOLデータ出力で 「BELL DESIGN」 を選択し、出力を実行すると
BELL DESIGN のコマンドを実行することができます。
※BELL DESIGN が未起動の場合はエラーとなりますのでご注意ください。