TOP > CADTOOL > 板金展開 > 新機能
CADTOOL 秋の導入支援キャンペーン
板金展開9 新機能 板金展開 新機能紹介

ますます充実の展開図パターン
新機能紹介
製缶業務を始め、あらゆるニーズへ対応

 

ますます充実の展開図パターン、全286種類まで拡大

常日頃、ダクト・シュート・パイプ等の展開図作成を中心に、建築モニュメントなど製缶業務以外でも幅広くご使用いただいているCADTOOL板金展開。

最新バージョン「Ver9」では、新たに15種類の展開コマンドを追加し、通常コマンド64種、伸びを考慮した展開図を作成できる厚肉対応コマンド10種となり、総計では200種以上ものダクト形状の展開図の作成が、寸法入力だけで行えるようになりました。その他展開コマンド/パターンの追加や板をけがく為の機能強化、手計算の入力工数を軽減する機能などが主に追加されました。

ますます便利に、使いやすくなったCADTOOL板金展開Ver9。これを機会にぜひ一度体験いただきお客さまの業務お役立てください!



ユーザからの徹底したヒアリング
- 新たに加わった新機能 -
新規展開コマンド
入力パターンの追加
任意形状と丸
円管エルボ用「直管延長機能」
区分線の長さ表示
簡易板厚補正機能
実寸印刷の機能強化

さらに多彩な用途へ対応!
“使える”新規展開コマンド、計286パターンの展開図面を作成可能に!

「出したい展開図パターンはCADTOOLに必ずある!」 それを目指し進化したコマンド群

Ver8以降、ユーザからの要望、ヒアリング等へ経て、さらに多様な展開図を作成できるようになりました。

使える”新規展開コマンド、計286パターンの展開図面を作成可能

今回のバージョンアップでは円錐台や放射分岐、ベンチュリー、シュート関連の展開図の計算に対応した、新たに15種の展開コマンド、57種類の入力方法が追加され、展開可能な形状がさらに増加いたしました。すべて合わせると展開コマンド64種と板厚を考慮した展開図に対応したコマンド10収録しております。各展開コマンドには複数の寸法入力方法が用意され、作成可能な展開図は総計286種類にのぼります。 今回の追加でもただ闇雲に追加するのではなく、ユーザからの意見要望に沿った「実務で使える」展開パターンです。

小判形と丸 ねじり羽根 円すい台から円柱1 円すい台から円柱2 放射2分岐 放射3分岐 放射4分岐 放射5分岐
小判形と丸 ねじり羽根 円すい台から円柱1 円すい台から円柱2 放射2分岐 .放射3分岐 放射4分岐 放射5分岐
放射6分岐 蛇行ダクト ベンチュリー シュート乗継口 シュート口 任意形状と丸 円すい台から厚肉円管分岐  
放射6分岐 蛇行ダクト ベンチュリー シュート乗継口 シュート口 任意形状と丸 円すい台から厚肉円管分岐  

従来コマンドもさらに使いやすく。入力パターン追加

これまで複雑な入力が必要だった展開図も、簡単な数値入力でOK!

従来の展開コマンドに対しても、ご利用ユーザー様のご要望を元に展開パターンを増やして機能強化しました。 例えば、ある展開図を作るのに複雑な数値入力が必要だった展開図も、新たに専用入力パターンが追加されたことにより数値入力の手間が大幅に簡素化されます、 これにより、展開図作成時間のさらなる短縮や、今まで作れなかった展開図の作成が出来るようになりました。

追加された入力パターン一覧

円柱コマンド
5. 斜面から斜円柱(TYPE1)
6. 斜面から斜円柱(TYPE2)

斜面から斜めに出る円柱の展開図に対応。斜面の角度や、斜面の対する角度を入力して、展開図を作成できます。

円柱コマンド

円すいに直行コマンド
3. 頂きを含む円柱
4. 頂きを含む角ダクト

円すいの頂点を含んで部分から垂直に出る円柱や角柱の展開図が作成できるようになりました。

円すいに直行コマンド

角すいから分岐
3. 偏芯四角すいから円柱

偏心のある四角すいの頂点から円柱が垂直に出る円柱の展開図が作成できるようになりました。

角すいから分岐

らせん板
3.三角法によらない展開

板厚による誤差を補正する機能を追加した展開パターンを追加しました。

らせん板

より柔軟な作りに!角丸形状のダクト展開図を作成する「角・丸」
コマンドの拡張パターン「任意形状と丸」コマンド登場。
入口にユーザ任意の形状を用いた展開図を作成可能に。

角丸展開と何が違う? 新登場 「任意形状と丸」コマンド

任意形状と丸 比較

CADTOOL板金展開の展開図作成は定型の展開コマンド選択して、寸法入力するのが基本でした。しかし、本コマンドは、その定型の展開コマンドの一部の形状をユーザが自由に作図することでできるというものです。

CADで作図した入り口形状のDXFファイルを読み込み、物体の高さと出口となる丸の径を入力する事で展開図を表示します。任意形状は、線分・円・円弧で 構成されたものに対応します。また、CADTOOL板金展開自体に簡易作図機能が追加され、CADが無くても入り口の任意形状の作図をする事ができます。入り口と出口は、同心のほかに中心差があるものや、入り口が傾斜状態に なった形状の展開図も作図できます。

任意形状と丸

エルボ展開図作成を強化。片端を伸ばした展開図を作れます

エルボ+円柱を一つのコマンドで作成。「直管延長機能」を追加

直管延長機能

エルボ管から伸びる円柱をつける場合、円管エルボコマンドを使用してエルボ展開図を作成し、円柱コマンド(円柱を斜めに切断するパターン)を使用し円柱展開図を作成し、それぞれをつなげて1つの展開図とする必要がありました。

新機能の直管延長機能を使うと、エルボ管作成用のコマンドのみで、エルボから伸びた円柱形状の展開図を作成出来、1枚のパイプ展開図として出力する事が出来ます。

直管延長機能

“けがき”もこれまで以上にやりやすく!区分線の表示

展開図面上の数字を見ながらケガくのに便利。分割線に弦の長さを表示

展開図のイメージ中に区分線の長さを表示できるようになりました。板をケガいて板取りする場合などには、展開寸法を確認しながら実施できるので、便利にご利用いただけます。 また値の小数点以下の桁設定も可能です。

区分線の表示

外径寸法で入力できる「簡易板厚補正機能」を追加

寸法入力で面倒な板厚計算はおまかせ。板厚補正機能。(一部コマンド)

「標準 板金展開図コマンド」で、板厚情報を入力する「簡易板厚補正機能」が追加されました。 これにより、外径寸法値の入力時に板厚を手計算で考慮しながら入力する必要がなくなります。

01.円柱 03.円すい 05.円の連結部 06.円管エルボ 07.変形2片エルボ 11.円柱から分岐1 51.小判形と丸
01.円柱 03.円すい 05.円の連結部 06.円管エルボ 07.変形2片エルボ 11.円柱から分岐1 51.小判形と丸
55.放射2分岐 56.放射3分岐 57.放射4分岐 58.放射5分岐 59.放射6分岐 60.蛇行ダクト N01.任意形状と丸
55.放射2分岐 56.放射3分岐 57.放射4分岐 58.放射5分岐 59.放射6分岐 60.蛇行ダクト N01.任意形状と丸

実寸印刷の機能が更に進化

印刷結果をより見やすく調整できるように、線幅・線色を設定できるようになりました

実寸印刷イメージ

実寸印刷での線幅、線色の設定が追加されました。 また印刷前に縦横のページ数を表示し全部で何ページになるか分かります。 全ページ印刷か特定のページのみ印刷かを選択して印刷が行うこともできます。 例えば、板取りのためのけがき作業に使う型紙として使用する際に線種に意味を持たせるなど使い方次第でいろいろな用途に利用できます。

実寸印刷設定
このエントリーをはてなブックマークに追加